「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

抑止力を問う

抑止力を問う

元政府高官と防衛スペシャリスト達の対話

ヨクシリョクヲトウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0392-6 C0031
判 型
A5判
ページ数
224頁
発行年月日
2010年10月 
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

普天間問題で異論続出!
柳澤協二。防衛省運用(作戦)局長、防衛研究所(防衛庁付属)所長を経て、小泉内閣から麻生内閣まで、内閣官房長官補として安全保障を指揮した。
その男が、抑止力をたてに海兵隊を沖縄に押し付ける議論に叛旗を翻す。日米同盟は大切だ、在日米軍も必要だ、しかし、海兵隊はどこにいても動かせる部隊だ。なのに、なぜ、沖縄でなければならないのか。そんなことを許しては日米関係がおかしくなる。
柳澤の呼びかけを受け、防衛研究所の六人のOBが、柳澤と対話する。

目次

まえがき
1
抑止力の意味と日本の防衛政策
2
冷戦終了後の核抑止力の行方
3
「リベラル抑止」という考え方
4
海兵隊の沖縄駐留問題を論じる
5
日本独自の安全保障を構想する
6
冷戦後のNATOと日米関係
あとがき

著者プロフィール

柳澤 協二 ヤナギサワキョウジ

東京大学法学部卒。防衛庁に入庁し、同運用局長、防衛研究所所長などを経て、2004年から2009年まで内閣官房副長官補(安全保障担当)。現在、防衛研究所特別客員研究員。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

掲載情報

京都新聞[2011.2.6]に紹介

週刊金曜日[2010.12.24]829号に紹介

東京新聞[2010.11.22]に紹介

特設コーナー